ボーイフレンドのオークハウスの思い出

オークハウスの向かいの少年はベビーシッターがした事にビックリして走って自分の部屋に逃げ込みました。オークハウスに夜が訪れました。オークハウスの向かいの家で酔っ払っているベビーシッターのボーイフレンドは暇になったのか、オークハウスの向かいの少年の部屋に上がって行きました。「おい何やっているんだ」と望遠鏡を覗いてオークハウスを観察している少年に言いました。オークハウスの住人の今まで少年が見てきた話をすると、ボーイフレンドは眉間にしわを寄せて、「そういえば俺がまだ子供だった頃、凧を揚げていたら糸が切れて。丁度オークハウスの家の裏庭に入っちまったんだ。そうしたらオークハウスの住人が俺の凧を目の前でグチャグチャにしやがったんだ」
おすすめはコチラ