規格書に書かれている食品に関する事実

規格書に書かれている事は企業の秘密の部分のトップシークレット扱いの事が多いのが規格書で、同じ会社に勤務しているとしても全員が閲覧できるかと言えばそうでない場合が多いのも規格書の特徴ではないでしょうか。食品業界で言うのであれば、何百年という長年の間受け継がれてきている秘伝のタレ、この配合を知っているのはオーナーとその息子だけ。先代が紙切れに殴り書きした秘伝のタレの材料、これこそが門外不出の規格書のはしりです。この食品の規格書が外に漏れれば同じ味のタレがどこでも作れてしまうわけで、逸品の価値は崩壊してしまう恐れのある非常に大事な物でもあります。新しい味を考えていくのも、伝統の味を守るのもどちらも大事です。